アメリカ暮らし・・・



病院からの誤請求


11月8日(水)

過去数ヶ月にわたって、何度もかかりつけの病院から私宛に無関係の請求書が届いていました。支払いの小切手を書きながらよ~く詳細をみると、かかった日付が2005年(東海岸に住んでいた)だったりして、いいかげんだな~誰の分だよ~とプリプリしながら、毎度毎度、電話をして支払い拒否。でもそのたびに強気に「That is your responsibility」と言われたりして。で、私も強気(苦笑)。でもやっぱりそういうのって、ちょっとしたストレス。請求書が来るたびにため息ものでした。

調査を依頼してから1ヶ月ほどたったある日、私の患者データーを確認したいという電話がきて事実発覚! 予想通り、同じアパートに住む、よりによって名前がたった一字違いの日本人女性と私を「同一人物」とみなしており、彼女の通院分が私の方につけられていたのです。どうりで当初カルテの私の年齢が若かったわけだ(笑)。私たちの名前はどちらかというと珍しい方。それが漢字でも同じで、一字つくかつかないかだけの違いだなんて、、、凄い偶然。

と、前置きが長くなりましたが、こんな経緯があって、病院側がデーターの訂正をしたと聞いた矢先、また身に覚えのない請求書が届き、憤慨する私に主人が「これは事務所に足を運んで書類一式みせたほうが早いよ」と言ってくれたので、今日二人で行ってきたのでした。

アメリカでは病院の施設利用の費用と、ドクターの費用は別の請求書でやってきます。
なので、それぞれの担当に同じ内容を説明し、データー訂正がきちんとなされているのか確認をとってきました。まあ解決したしいいか、、、なんてほえ~としていたら、主人は、書類一式パサッと投げ出して「ふざけるな」と一喝。はじめて先方あやまりました(もちろんon be half of the hospital=病院を代表して、を強調して)。アメリカでは「特に」甘くみられないことが肝要(笑)。

でも私の為の、新しい患者番号を作ったというのにその報告はなく、今回のやりとりで知ったという次第。そのことは私も文句。そしてほんと?といいたくなるような言い訳三昧。

アメリカではこの手のトラブルはしょっちゅう。それは私たちが外国人だからではなく、
誰にでもあることのようです。まあ解決したし、また経験値があがったし、めでたし、めでたし。

教訓:いよいよの場合、オフィスに足を運ぶほうが早い。

PS. 私たちが経験しているアメリカでよくあるトラブル。ひょっとしたら誰かのヒントになるかもしれないので、近々カテゴリーを作って、過去の類似記事もまとめておこうかな。。。
[PR]
by ysmadam | 2006-11-19 09:44 | ありがちなトラブル
<< Mac Geniusとの不毛な... Extended day be... >>


新ブログで生存報告中・・・(笑)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログリンク
BUONA GIORNATA
サンノゼ@あめりかな・
Nap Time
猫たちとのアメリカ生活
REIKO's NY Diary
彩華もとえの「エコなインテリア通信~アメリカ発」
イラストを描こう
和のこゝろ
WaHaHa Chicago2!そして。
*10年後もキャサリン・ゼタ・ジョーンズでいる方法*
徒然ぱせり
絹・Cafe・・・by のりまま
今日はこんなお菓子でした
Wind Design


*プロフィール*
-------------------
外資系金融→Web制作→
出産を経て、ただいま駆け出しのイラストレーター。

目下の関心事は、イラスト、
FX、英語、アンチエイジング。

音楽ならJazzかClassic
Stingも好き♪

気が多すぎるのが
玉にキズ!?
最新のトラックバック
ドキドキの京都
from Peace of Mind
No.297 優雅なフレ..
from shina_poohな日々@..
No.274 炭家(SU..
from shina_poohな日々@..
オフ会が・・・
from Nap Time
Los Altos散策
from サンノゼ@あめりかな一日
No.184 牛肉の塊 ..
from shina_poohな日々@..
「007 カジノ・ロワイ..
from Peace of Mind
初めてのオフ会
from サンノゼ@あめりかな一日
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧