アメリカ暮らし・・・



Math Labボランティア


2月2日(金)

二男の幼稚園(Kindergarten)では、先生の補助としてのボランティア参加も求められています。この授業だけは5~6人欲しいということで、私もできる限り毎週金曜日の朝に参加しているのが「Math Lab」。
a0063472_9525268.jpg
これは、数やパターン認識といった算数の基礎を、ブロック、塗り絵、その他の教材を使って経験する授業。この年齢の子はすぐに飽きてしまうので、各グループ15分くらいで別のテーブルに移動。別の教材に取り組みます。

私ともう一人のお母さんの担当が写真の教材。カードのとおりの形を、ピンと輪ゴムで再現するというもの。カードには番号が振ってあって、ひとつ終わるとシートの該当番号を塗りつぶし、次のカードに進みます。写真の形は一番簡単な方。三角形が斜めに配されているものや、ゴムを3本使って、重なった形を作るものもあります。



個人差があって、複雑なものでも一人でササッと作る子もいれば、シンプルな形でも、時間をかける必要があり、手伝いが必要な子もいます。そういう子がなるべく自分の力でできるよう、どうやってその子の力を引き出せるか?に心を砕きますが、これがなかなか難しい。

加えて英語で説明するわけだから、45分間は私も頭の体操、フル回転(笑)。時々、ネイティブの子が「?」となってしまうような、デタラメな英語をしゃべっている気がするけれど、まだまだごまかしの利く年齢、助かってマス。長男くらいの子供(8歳)となるとわからないと「Huh~?」といわれるので一瞬へこむことも。なので9月にコンピューターの授業の補助にSign upしたけれど、なぜかうやむやになったのをいいことに、不参加(ごめんなさい!)。

グループに日本人の子がいるときには、英語と日本語で忙しさが加速(ん?英語で通せばいいのか?)。それを「○○のママは私たちには日本語。英語の子には英語で忙しいんだよ~」と親に報告するそう。子供ってよく見てる!

補助として役に立っているのか甚だ疑問ではありますが(笑)、先生方は結果よりも親の参加意思を重視しているので、構える必要はありません(そんな大らかさはアメリカのいいところ)。いままでの経験を通して、そんなことがわかってきました。参加が盛んな程、子供が受けられる授業の質が高まるというアメリカの教育現場。そういう考え方に大分慣れてきたこの頃です。
[PR]
by ysmadam | 2007-02-03 09:56 | 子育て・ボランティア
<< Kirk's STEA... 今週はスナック当番のボランティア >>


新ブログで生存報告中・・・(笑)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログリンク
BUONA GIORNATA
サンノゼ@あめりかな・
Nap Time
猫たちとのアメリカ生活
REIKO's NY Diary
彩華もとえの「エコなインテリア通信~アメリカ発」
イラストを描こう
和のこゝろ
WaHaHa Chicago2!そして。
*10年後もキャサリン・ゼタ・ジョーンズでいる方法*
徒然ぱせり
絹・Cafe・・・by のりまま
今日はこんなお菓子でした
Wind Design


*プロフィール*
-------------------
外資系金融→Web制作→
出産を経て、ただいま駆け出しのイラストレーター。

目下の関心事は、イラスト、
FX、英語、アンチエイジング。

音楽ならJazzかClassic
Stingも好き♪

気が多すぎるのが
玉にキズ!?
最新のトラックバック
ドキドキの京都
from Peace of Mind
No.297 優雅なフレ..
from shina_poohな日々@..
No.274 炭家(SU..
from shina_poohな日々@..
オフ会が・・・
from Nap Time
Los Altos散策
from サンノゼ@あめりかな一日
No.184 牛肉の塊 ..
from shina_poohな日々@..
「007 カジノ・ロワイ..
from Peace of Mind
初めてのオフ会
from サンノゼ@あめりかな一日
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧